#88|ウェブフローのブランディングロゴについて

ウェブフローのブランディングロゴを公開サイトやエクスポートしたサイトから削除します。

目次


このレッスンでは、次のことを学びます。

  1. 公開済みサイトからウェブフローのブランディングを非表示にする方法
  2. ウェブフローのブランディングを手動で削除/変更する方法
デフォルトでは、「Made in Webflow」バッジなどのウェブフローのブランディングは公開サイトに表示されます。また、サイトのソースコード(HTML)にもウェブフローへの参照が表示されることがあります。
The “Made in Webflow” badge is highlighted on a published Ecommerce site.

1.公開済みサイトからウェブフローのブランディングロゴを非表示にする方法

サイト設定>一般タブ>ウェブフローブランディングで、ウェブフローブランディング設定をオフにすることができます。その後、変更を保存してサイトを公開することを確認してください。

注意:Webflowのブランディング設定の変更は、サイトが公開されるまで有効ではありません。
Webflow branding settings in the General tab of Site settings. The settings for “Display ‘Made in Webflow’ badge” and “Display Webflow branding in HTML” are both set to OFF.

「Made in Webflow」バッジの表示

この設定は、Growth プランと Enterprise プランを除くすべての Workspace プランで、新規サイト作成時にデフォルトでオンになります。この設定をオンにすると、Webflow のステージング サブドメイン(例: yoursite.webflow.io)とカスタムドメイン(例: www.yourwebsite.com )の両方で、バッジが公開サイトに表示されるようになります。

バッジは、Growth または Enterprise Workspace プラン、あるいは有料のサイトプランの場合に非表示にできます。サイト作成時にすでにGrowthまたはEnterprise Workspaceを持っている場合、この設定はデフォルトでオフになっています。
重要:Webflow のブランディングを削除するには、有料のサイトプランまたはGrowth または Enterprise Workspace が必要です。

HTML に Webflow のブランディングを表示する

この設定はデフォルトでオンになっており、ソースコードに Webflow への参照が含まれることになります。この設定をオフにすると、Growth Workspace に加入している場合、または有料サイトプランを利用している場合に、これらの参照を非表示にすることができます。

この設定をオフにすると、サイトの HTML の先頭にある次のコメントが自動的に削除されます。

<!-- このサイトは Webflow で作成されました。https://www.webflow.com -- >。

Code comment at the top of a site’s HTML document shown in the dev tools Inspector reads: “This site was created in Webflow. https://www.webflow.com” 

さらに、ウェブフローのブランディングをオフにした後にサイトをエクスポートすると、エクスポートされたファイルは次のように名前が変更されます。

webflow.js -> あなたのサイト名.js
webflow.css -> コンポーネント.css
A Webflow site’s exported CSS, HTML, and JS files. There are no references to Webflow in the file names. 

2.ウェブフローのブランディングを手動で削除/変更する方法

次のような参照をコードから手動で削除することができます。
  • クラス名(例:「w-slider」を「ys-slider」に変更することができます。)
  • メタデータ
  • サイトとページの ID