Case Study

鳥取市B&G海洋センター

課題点

  • スマホ対応(レスポンシブ化)されていない。
  • お知らせ等のリアルタイム更新が困難
  • スポーツ教室や貸し出し施設の写真等も少なかったため、イメージが付きづらい
  • テキストのみの表現が非常に多くて、演出したい「楽しく過ごせる場所」の雰囲気が薄れてしまう

→既存のホームページは担当者様が更新できる仕様ではなかったため、本社に依頼した後の更新となるタイムラグや、都度の更新費用などの面から、リニューアルのご相談をいただきました。

  • 指定管理者として施設のPRや施設の情報を積極的に更新していきたいということで、施設担当者様自身で運用しやすいコンテンツを制作。
  • ヨットやカヌー教室などの楽しいウォータースポーツも行っているため、既存のインスタグラムからの引用や、イベント時の撮影写真を有効に活用した。言葉だけではなく写真やイラストで「楽しい場所」という雰囲気がユーザーに伝わるよう印象を強めた。
No items found.

インタビュー

既存サイトの情報を再利用してのリニューアルのため、非常にスムーズに制作・公開に至ることができました。

この度、制作のご感想を更新担当者様にインタビューさせて頂きました!

Q. 全体を通して打ち合わせの頻度や流れはどうでしたか?

特に週一回の打ち合わせ頻度は問題ありませんでした。打ち合わせが施設の繁忙期(プールの開通)などに差し掛かっていた背景と、ホームページに詳しくないことから、ざっくりと要望と伝えた上でお任せして提案をしてもらえたのが良かったです。

Q. 制作依頼時、現場やホームページのどんな点に課題を感じていましたか?

見た目が古く新しくしたいと思っていました。旧ホームページは更新作業を本社を通してしか行えなかったため、会社の定休日の土日を挟む更新のタイムラグがあることが難点でした。

Q. 出来上がったホームページの印象は?

今までの発信した情報を引き継ぎながら見栄え良く綺麗に作ってもらえた印象です。

Q.業務効率は向上しましたか?

土日のタイムラグという点がなくなり、現場主体で更新ができるようになった点で改善されました。

Q. ウェブ管理システムの操作画面の操作性はどうですか?

ホームページ管理画面自体馴染みがないので、他に比べて使いやすいかどうかは比較できませんが、ホームページ完成時に教えてもらった操作(お知らせの記事アップなど)に関しては問題なくできています。

Q.問い合わせ数や利用数、客層などユーザーの反響はありましたか?

リニューアルしたばかりのため、利用数や客層が変化した体感はまだなく現在来てるお客様がホームページを見て来てるのかまだ把握できてない段階です。ただ、来年またプールなどが開通したシーズンにユーザーの変化が出てくるのではないかと見込んでいます。行政からの評価も、ホームページをリューアルした自社で更新を活発化している点でアピールができるため、良い反響があると予想されます。

Q. 最後に、バナナラボの改善点があれば教えてください。

打ち合わせに関してはスムーズにやりとりをして頂き特に不満はなく、また、作って終わりではなく今後アフターフォローを約束してもらえている点で安心しています。

今後ホームページ上で施設の予約状況が見れるような改善をしたり、お知らせ以外のページも更新してみた上で操作性をチェックしこれからご相談したいと思っています。