ワードプレスからウェブフローへ:成功事例とサイト移行のSEOチェックリスト

自社のWebサイトをワードプレスからウェブフローに移行することに成功した、ウェブ制作会社のSEO対策と成果をご覧ください。

目次


Kiyo Wiesnoski

Digital Media Analyst


デジタルマーケティングの世界では、Googleの一般検索でランクインするためにはワードプレスが必要だという考えが広まっています。今回紹介するのはウェブフローに移行することに成功し、その過程で行ったSEO対策の改善方法です。

2019年1月3日、ラスベガスに拠点を置くウェブデザイン会社「アドラバ」は、ウェブフローで新しいウェブサイトを立ち上げることを一括して決定しました。これまでのウェブサイトはすべてワードプレスを使用していたので、SEOの観点から移行がスムーズに行われるようにすることが課題でした。

そこで、サイトSEOの主要な要素をリストアップし、プロセス進捗を追跡したところ、1ヶ月後に以下の導入効果が起こりました。

オーガニック検索のトラフィックが増加

当社ウェブサイトの一般検索に関するGoogleアナリティクスレポートを調べ、新しいウェブサイトの立ち上げを宣伝する広告、キャンペーン、ソーシャルメディアの投稿を除外して調査してみました。

一般検索トラフィックは、何人のユーザーがサイトを見つけたかだけでなく、そのユーザーがウェブサイトを有益に感じたかどうかも知ることができるため、SEOの重要なパフォーマンス指標(KPI)として有用です。

言い換えれば、適切なユーザーにリーチできているかどうかを判断するのに役立つのです。

Analytics graph for January 2019 showing a rise in metrics like users, new users, and pageviews.

ウェブフローを使用してリニューアルした1ヵ月後には、ほぼすべての一般検索の指標が改善され、場合によっては劇的に向上しました。

全体として、ほぼ全面的にパフォーマンスが向上しました。特に直帰率は、新サイトの立ち上げ後、20%減少しました。この指標は、訪問者が当社のウェブサイトを訪れた際に、探しているものを見つけることができたかどうかを示すもので、非常に重要です。

当社は主にB2Bのプロフェッショナル・サービスを提供しているため、デスクトップからのトラフィックが一般よりはるかに多いのですが、オーガニック検索のトラフィックをデバイスの種類でセグメントすると、モバイルとデスクトップの両方で直帰率が改善されることが確認できます。


一般検索からの直帰率が16%以上低下しました。

一般検索キーワードでの順位が30%上昇

2018年の10月頃に特に不安定なGoogleアップデートがあり、当社の事業サービスやキーワードターゲットのシフトと相まって、当社ドメインのキーワードランキングに少し変動がありました(新しいウェブサイトではSEOに注力することがより重要になりました)。

最も低いときには、406の一般検索キーワードでランクされていました(これは、122キーワード、つまり30%の増加です。

Webflow - WordPressに代わるモダンなツール

カスタム、レスポンシブ、セキュアなサイトを短時間でビジュアルに構築できます。

Webflowの詳細


ウェブフローの主要な SEO 要素はどのように処理されるのですか?

ウェブフローのデザイン変更と移行を経て、サイト内SEOの主要な要素を実装する際に、いくつかの細かい違いがあることに気づきました。幸いなことに、私はこれらの詳細についてメモを取ったので、あなたがそれをする必要はありません。これは決して完全なチェックリストではありませんが、正しい方向性を示すのに役立つはずです。

1. メタタイトルとディスクリプション

メタタイトルとメタディスクリプションについては、ウェブフローと他の主要なCMSの間で大きな違いはありませんが、デザイナーにとって重要なことは、フィールドを追加し、対応するオプションをフィールドに関連付ける必要があることです。

デザイナーではなく、編集者がタイトルと説明を追加する場合は、特に重要です。

2. オープングラフの設定

Open Graphの設定を放置している方、WordPressに画像を選ばせている方は、Webflowで画像、タイトル、説明文を指定するようにしましょう(もしくはSEO設定に合わせた設定を選択する)。 

特にブログでは、Open Graphの画像が指定されていない場合、Wordpressは通常「注目の画像」を使用するため、これは重要です。ウェブフローで画像を指定しない場合、ソーシャルメディアに共有する際にプレビュー画像が表示されません。

Screengrab of Facebook post. Facebook user caption reads, "Don't forget to add you Open Graph Images" on a link with the title, "Web Design & Software Development Portfolio | Adlava."

3. 301リダイレクト

どのCMSを使用していても、ウェブサイトを再設計すると、変更されるページや削除されるページが出てくる可能性があります。ユーザーが壊れたページにアクセスするのを防ぐために(そしてバックリンクの損失を最小限に抑えるために)、既存のウェブサイトをクロールし、301リダイレクトを適切に設定することを忘れないでください。CSV アップロードのオプションはありませんが、類似の形式を共有する URL のグループをリダイレクトするルールを使用することで、Webflow でネイティブに処理されます。

4. Robots.txt とサイトマップ

Robots.txtとXMLサイトマップは、どちらもWebflow CMSでネイティブに処理されます。Webflow Universityでは、この2つに関する優れたリソースを提供していますが、重要なことは、サブドメインや開発用ウェブサイトが検索エンジンにクロールされないようにすることです。robots.txt を使用してクローラーをブロックまたは許可し、通常通り Google Search Console で XML サイトマップを送信してください。

5. GoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャ

Google Tag Managerの個人的な支持者として、私はTag Managerのルートを進み、Google AnalyticsとGoogle Tag Managerを統合することを強くお勧めします。この方法については、Webflow Universityで詳しく説明されています。Google Analyticsのルートを選択した場合、WebflowにはプロパティIDをプラグインするための指定された場所があります。

6. GoogleとBingの検証

通常、Google AnalyticsやGoogle Tag Managerの検出による検証を行っている場合は、特にGoogleサイトの検証に注意しましょう。

前項のWebflow Universityのリンク集でも紹介されていますが、Google Tag Managerはカスタムコードのヘッドとフッターの部分に追加することが可能です。これはGoogle Tag Managerの導入には有効ですが、この方法でサイト検証を行った場合、Google Search Consoleではスクリプトを認識することができませんでした。

Google Analytics や Google Tag Manager を導入している場合でも、Google Search Console での検証を維持するためには、Webflow の HTML タグメソッドの指定スポットを使用する必要があります。Bingウェブマスターツールの検証には指定スポットはありませんが、head内のカスタムコード部分にHTMLタグを追加することでWebサイトの検証を行うことができました。また、代わりにDNSオプションを使用してウェブサイトを検証することで、これを回避することができます。

7. 画像のaltテキスト

ADA準拠を優先するウェブサイトを管理している場合、あるいは単にアクセシビリティを重視している場合、WordPressにつきもののaltテキストの問題にはお気づきかと思います。具体的には、メディアライブラリで画像のaltテキストを追加した後、ソースコードに表示されないという問題です。幸いなことに、Webflowでは画像のaltタグ付けが非常に簡単であることがわかりました。

良いユーザーエクスペリエンスは良いSEO

アドラバがウェブフローCMSへの移行を決めた主な理由の一つは、デザインの柔軟性が増し、ウェブサイトの変更をより迅速かつ効率的に実行できるようになったからです。

SEOの基本に立ち返ると、良いユーザーエクスペリエンスは良いSEOにつながります。Googleの最終目標は、ユーザーがGoogleで検索を行った際に、ユーザーにとって有益な結果を提供することであることを忘れないでください。特定の技術的な要素のためにユーザーエクスペリエンスを犠牲にしているのであれば、それは良いSEOとは言えません。最終的な目標は、有益なウェブコンテンツを作成することです。上記のヒントは、技術的な実装面をナビゲートするのに役立つはずで、質の高いコンテンツはあなた次第です。