#92|サイトやウェブページをパスワードで保護する

パスワードを使ってコンテンツへのアクセスを制限し、特定のページ、コレクション、またはWebサイト全体へのアクセスを制御することができます。

目次



ウェブサーファーから自分のウェブコンテンツを隠したい場合があります。コンテンツを公開しない、あるいはページを下書きとして保存することで、そのようなことが可能になります。しかし、コンテンツを特定の人とだけ共有したい場合は、パスワードで保護することができます。


ウェブフローでサイトをホストしている場合は、サイト全体またはサイト上の特定のページを保護することができます。また、サイト訪問者がパスワードで保護されたページにアクセスしようとしたときに表示されるパスワードページのデザインもカスタマイズできます。

このレッスンでは、次のことを学びます。

  1. 個々のページをパスワードで保護する方法
  2. フォルダー内のすべてのページをパスワードで保護する方法
  3. コレクション内のすべてのページをパスワードで保護する方法
  4. ウェブサイト全体をパスワードで保護する方法
  5. パスワードページを設計する方法

1. 個別のページをパスワードで保護する方法

サイトの各ページに固有のパスワードを設定することができます。これは、クライアントや特定の読者と共有するページをパスワードで保護したい場合に便利です(例:内部文書、機密性の高いクライアントのプロトタイプなど)。個人的に共有する必要のないページがある場合は、代わりに下書きとして保存することができます。

ページでパスワードを設定する

ページレベルのパスワードを設定するには
  1. デザイナーで「ページ」パネルを開きます。
  2. パスワードを設定したいページの右側にある設定用の "歯車 "をクリックします。
  3. Generalセクションでパスワード保護を「on」に切り替えます。
  4. 一意のパスワードを設定します。保存をクリックします。
  5. サイトを公開する
注:ページやフォルダのパスワード保護を解除するには、サイトプランを追加する必要があります。
The page settings panel includes a general section with a page name input field, password protection on/off switch and a text input field for a password. The password protection area is highlighted.
Password-protect a page in the Designer.

2. フォルダ内の全ページをパスワードで保護する方法

複数のペーの内容を一度に隠すには、各ページにパスワードを設定するか、ページをフォルダに追加して、フォルダ全体にパスワードを設定する方法があります。

各フォルダーには、すべてのページが独自のパスワードを設定できるのと同じように、独自のパスワードを設定することができます。フォルダレベルのパスワードを設定すると、そのフォルダ内のページやフォルダに以前設定したパスワードが上書きされます。子ページや子フォルダーには、親フォルダーのパスワードが引き継がれます。

フォルダのパスワード設定

デザイナーでフォルダレベルのパスワードを設定するには、フォルダの設定でパスワード保護を有効にします。そのフォルダー内のすべてのページに適用される固有のパスワードを入力します。その後、サイトを公開します。

The Password protection section in the Folder’s settings shows that Password protection is toggled “on.”

3. コレクション内の全ページをパスワードで保護する方法

コレクションテンプレートページをパスワードで保護することもできます。そうすれば、そのコレクション内のすべての自動生成されたページは、ユーザーがアクセスしようとするとパスワードページを表示します。この方法では、まだデザイン中のコレクションのページを隠すことができます。

コレクションテンプレートページにパスワードを設定する

Collection ページをパスワードで保護するには

  1. デザイナーで「ページ」パネルを開く
  2. パスワードを設定するコレクションのコレクションテンプレートページの右側にある設定「コグ」をクリックします。
  3. 「一般」セクションでパスワード保護を「オン」にします。
  4. 一意のパスワードを設定する
  5. 保存をクリックします。
  6. サイトを公開する

4. ウェブサイト全体をパスワードで保護する方法

すべてのドメインにパスワードを要求することで、まだ未完成のサイトにアクセスできる人を制御することができます。これは、テストやプライベートなデモのためにサイトを公開したい場合に便利です。

サイトパスワード保護機能は、有料サイトプラン(Basic、CMS、Business、Ecommerce)を持つすべてのサイトで利用可能です。また、サイトのパスワード保護は、ワークスペースが有料のプラン(Core、Growth、Enterprise)であれば、すべてのサイト(無料および有料)で利用できます。

注:サイトのパスワード保護は、無料のワークスペース内のホストされていない無料サイトでは利用できません。

サイト全体にパスワードを設定する

サイト全体のパスワードを設定する場合。

  1. サイト設定 > 一般タブ > ウェブサイトのパスワードに移動します。
  2. パスワード保護を「オン」に切り替える
  3. 一意のパスワードを設定する
  4. [パスワードの設定]をクリックします。
  5. サイトを公開する

重要:サイト全体のパスワードを設定すると、そのサイト内のページやフォルダーに設定されたパスワードが上書きされます。サイト設定でサイトパスワードを削除しない限り、ページやフォルダーに新しいパスワードを設定することはできません。
The Website password section in the General tab. Password protection is toggled to “on.”

5. パスワードページの設計方法

パスワードで保護されたURLにたどり着いたサイト訪問者は、パスワードページにリダイレクトされます。パスワードで保護されたページに進むには、設定したパスワードを入力する必要があります。

The Password Utility page with a “lock” image, heading, form field label, form text field, and submit button.

パスワードページへのアクセス

Designerでは、パスワードページのデザインをカスタマイズすることができます。このページには、ページパネル > ユーティリティページ > パスワードページでアクセスできます。

パスワードページのカスタマイズとスタイル

デフォルトでは、パスワードページには中央に配置された要素のセットが付属しており、それを自由にカスタマイズすることができます。パスワードページのデフォルトの要素は、削除できない入力フォームと送信ボタンを除いて、すべて削除と編集が可能です。また、ページに新しい要素を追加して、好きなようにスタイルを変更することもできます。

さらに、サイト訪問者が間違ったパスワードを入力したときに表示されるエラーメッセージを編集し、スタイルを変更することができます。

エラーメッセージを編集するには

  1. ページパネル > ユーティリティページ > パスワードページに移動します。
  2. キャンバス上で「ユーティリティページ」のフォーム要素を選択します。
  3. 要素設定 > フォーム設定に進みます。
  4. パスワードが違います」状態を選択します。
  5. キャンバスのテキストブロックに新しいエラーメッセージを入力します。