#86|サイトの共有と共同編集者の招待

ウェブフローサイトを読み取り専用リンクで共有する方法について説明します。ゲストエディターを招待したり、ワークスペースにチームメイトを追加したりする方法とは異なる点について説明します。

目次



ウェブフローのサイトは、以下の方法で他の人と共有することができます。

  • サイトの読み取り専用リンクの共有
  • サイトへのゲストエディターの追加
  • ワークスペースにメンバーを追加する

各オプションは、共同作業者やチーム メンバーに異なるレベルのアクセス権を与えます。

読み取り専用リンクでは、リンクを持つ誰もがサイトを表示できますが、変更した内容は保存されません。

ゲストエディタ

サイトを閲覧し、サイトのコンテンツ(テキスト、リンク、画像、製品、CMS コンテンツなど)を編集したり、Webflow Editor でページ設定を変更したりすることができます。

ワークスペースのメンバー

役割に応じて、サイトの表示、コンテンツの編集、サイトのレイアウト、スタイル、インタラクションの変更を行うことができます。

このレッスンでは、次のことを学びます。

  1. 読み取り専用リンクを共有する方法
  2. ゲストエディタを招待する方法
  3. コラボレーションにワークスペースを使用する方法

1. 読み取り専用リンクの共有方法

ウェブフローフォーラムや同僚とサイトを共有する場合、読み取り専用リンクを共有することで作品を保護することができます。

重要: 読み取り専用リンクは、リンクを持つ誰もがあなたのサイトを閲覧することができますが、彼らが行った変更は保存されません。

読み取り専用リンクを共有するには、Designerの上部ツールバーにある「共有」ボタンをクリックし、「読み取り専用リンクの共有」を「オン」に切り替えます。そこからリンクをコピーして、好きな場所で共有することができます。

The share menu allows you to share a read-only link and invite guest editors.

ある時点で、サイトへのアクセスを制限するために、サイトの読み取り専用リンクを変更したい場合があります。新しい読み取り専用リンクを作成するには、Designerの上部ツールバーで「共有」ボタンをクリックし、「新しいリンクを作成」をクリックします。これにより、古いリンクが無効になります。

The “Create new link” button highlighted in the share menu, next to the current read-only link.
The confirmation window for creating a new read-only link warns that creating a new link will disable the old one. 

2.ゲストエディターの招待方法

ゲストエディターを招待することで、ゲストエディターが行ったコンテンツの変更が保存されます。ただし、ゲストエディターはデザイナー機能にアクセスできないため、サイトのレイアウト、スタイル、インタラクションを変更することはできません。

ゲストエディターをサイトに追加するには、
デザイナー機能内または Site settings > Members タブから行います。

‍3. ワークスペースを使ったコラボレーション方法

ワークスペース プランでは、ワークスペースのメンバーとデザインや編集のコントロールを共有し、より効率的なコラボレーションを行うことができます。ワークスペースのすべてのメンバーは、共有されたワークスペースのダッシュボードにアクセスし、ワークスペース内の任意のサイトを作成および編集することができます。

新しいワークスペースは、[ワークスペース] ドロップダウン メニューまたは [ワークスペース] の概要ページで作成できます。