#79|Googleアナリティクスを設定する

ウェブフローのプロジェクトにGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)を追加します。

目次

Googleアナリティクスには、サイトのユーザー数やページビュー数、サイトでの滞在時間、他のリンクをクリックせずにページを離脱したユーザー数(直帰率)などの強力な測定基準があります。また、Googleアナリティクスでは、サイトへのトラフィックがどこから来ているのかを確認することもできます。これらのパラメータは、都市まで絞り込むことも可能です。

The audience overview page is displayed. The GEO data is highlighted for the Users, pageviews, Avg. Session duration and bounce rate.
The location tab is active and highlighted are the first 4 cities.

多くの企業にとって、これはマーケティング費用をどこに投資すべきかを見極めるのに役立ち、特定のマーケティングキャンペーンの効果を測定するのにさえ役立つのです。

このレッスンでは

  1. プロジェクトにGoogleアナリティクスを追加する
  2. EコマースのGoogleアナリティクスイベントをトラッキングする
  3. IPアドレスの匿名化を有効にする

について説明しています。

1.Google Analyticsを追加する

ウェブフローのプロジェクトにGoogleアナリティクスを直接統合することができます。Googleアナリティクス設定は、プロジェクト設定→統合のページにあります。

Google Analytics settings are filled out to a tracking ID. Googles gtag.js and ip address anonymyzation are both on the Yes radio button status.
プロジェクト設定 → インテグレーション → Googleアナリティクス
注意:
Google Analyticsをサイトに統合するには、有料プランの必要はありません。ただし、カスタムコードを追加する場合は、有料プランが必要です。 

GoogleアナリティクスのトラッキングIDを取得する

  1. Googleアナリティクスの管理画面にアクセスする。
  2. Google アカウントにログインします(アカウントをお持ちでない場合は作成します)。
  3. プロジェクトに関連する情報を入力する(例:サイト名、サイトアドレス、その他)。
  4. トラッキングIDを取得するを押し、利用規約に同意します。
  5. トラッキング(計測)IDをクリップボードにコピーする
The Tracking (measurement) ID is highlighted on the Web stream details page.

プロジェクト設定にトラッキングIDを貼り付ける

  1. ウェブフローのダッシュボードにアクセスし、プロジェクトのGoogle アナリティクス設定にアクセスします。
  2. GoogleアナリティクスのトラッキングIDフィールドにIDを貼り付けます。
  3. 変更を保存し、公開します。
A tracking ID is pasted in the Google universal analytics tracking ID text input field. This section is highlighted.
Choose publish destination is highlighted on the Project page in the dashboard. A blue publish to selected domains button is highlighted.

プロジェクトとGoogleアナリティクスの接続をテストする

統合が成功したかどうかを確認するには、Googleアナリティクスの「リアルタイム」タブと「概要」に移動します。あなたのサイトを別のタブで開いている場合、自分自身を確認する必要があります。

注意:
アナリティクスデータは、収集に時間がかかります。インサイトは、収集されてから1日ほど経たないと利用できないかもしれません。リソース アウトバウンドリンクを追跡するには、Google Analyticsのドキュメントを確認してください。

2. Gtagの利用について

プロジェクトでEコマースを有効にしている場合、商品の閲覧、商品のカートへの追加、商品の購入など、Eコマース特有のイベントをトラッキングすることができます。以下のステップを踏むと、ウェブフローは自動的にこれらのイベントをGoogleアナリティクスに渡します。

Googleアナリティクスの設定で、Googleのグローバルサイトタグを使用するようにします。

A white radio button with blue background is turned on to YES. The gtag.js section is highlighted on the page.
gtagを使用するオプションエリア
  1. Ecommerceイベントのトラッキングにグローバルサイトタグを使用することを選択します。
  2. Googleアナリティクスの設定でEコマースを有効にする 

3.IPアドレスの匿名化を有効にする

IPアドレスの匿名化を有効にすると、Googleアナリティクスでサイト訪問者のアドレスがマスクされます。これにより、一部の国のデータ保護当局の要件を満たすことができます。また、ご自身のプライバシーポリシーを尊重する上でも役立ちます。IPアドレスの匿名化を有効にするには、プロジェクト設定→統合ページのGoogle Analytics設定セクションで、IPアドレスの匿名化スイッチを「YES」に切り替えてください。

A white radio button with blue background is turned on to YES. The IP address anonymization section is highlighted.