#17|フォームについて

フォームの追加と設定を行います。

目次

フォームは Web 上で最も強力なツールの 1 つであり、メールマガジンの登録や潜在顧客からの仕事の問い合わせなど、情報を効率的に収集することができます。Webflowでは、ニーズに合わせてフォームのカスタマイズや最適化が可能です。

このレッスンでは

  1. フォームを追加する方法
  2. フォームの構造
  3. フォームの要素を設定する方法
  4. 成功状態とエラー状態
  5. フォームの送信
  6. フォームのデータ管理と通知
  7. トラブルシューティング

について紹介しています。

1. フォームを追加する

追加パネル(A)>要素>フォームの項目から、フォームを追加することができます。

The Form block element is highlighted within the Forms section of the Add panel.

フォームブロックをキャンバスにドラッグします。

The default Form block element on the Webflow canvas, with the Form block settings modal window open.

2. フォームの構造

Form ブロックは、親要素の幅を完全に継承し、3 つの子要素を含んでいます。

  • フォーム - すべてのフォーム入力と要素が含まれます。
  • 成功メッセージ - フォームが正常に送信されたときに返されるメッセージです。
  • エラーメッセージ - フォーム送信に問題がある場合に表示されるメッセージです。
The Form block element expanded in the Navigator panel to reveal its child elements: Form, Success message, and Error message. 

入力欄やチェックボックスなど、フォーム内の任意の要素を追加・削除することで、必要に応じてフォームをカスタマイズすることができます。

3. フォームの要素

  • フィールドラベル - ラベルは、フォームフィールドの機能または目的を説明するために使用されます。フィールドラベルは、フォームのアクセス可能なナビゲーションとして重要ですので、これらを削除しないことが重要です。
  • 入力 - 入力フィールドは、質問に対する一語の回答 (例: 名前やメールアドレス) など、一行のデータを収集するために使用されます。
  • ファイルアップロード - ファイルアップロードボタンは、サイト訪問者がフォームの送信にファイルを添付することを可能にします。
  • テキストエリア - テキストエリアは、訪問者が長いメッセージのような複数行のデータを入力することができます。
  • チェックボックス - チェックボックスは、訪問者が1つまたは複数のオプションを選択することができる入力データに最も適しています。
  • ラジオボタン - ラジオボタンフィールドは、訪問者が多くのオプションの中から1つだけを選択することができる入力データに最も適しています。
  • 選択 - 選択入力は、ドロップダウンメニューと非常によく似た動作をします。また、複数選択することも可能です。
  • reCAPTCHA - reCAPTCHAは、フォームスパムを防止するためのGoogleのサービスです。
  • 送信ボタン - 送信ボタンがなければ、フォームは完成しません! このボタンをクリックすると、フォームで収集されたすべてのデータが送信されます。
Form element section within the Add panel, which contains all available form elements.
注Form 要素は Form ブロックの中にのみドロップすることができます。

フォーム要素の設定方法

フォームの要素(例:入力、送信ボタン)をダブルクリックすると、その要素の設定が表示されます。また、要素を選択してEnter/Returnキーを押しても、その要素の設定にアクセスすることができます。

入力設定

各フォーム要素には、そのタイプに応じて異なる入力設定があります。

  • 名前
    すべてのフォーム要素に名前フィールドがあります。これは、フォーム送信時にフィールドを識別する方法です。

  • 必須
    各フォーム要素には、「必須」オプションがあります。チェックすると、サイト訪問者はこのフィールドに入力しない限り、フォームを送信できなくなります。

  • プレースホルダ
    入力とテキストエリアのフィールドの場合、プレースホルダは空の入力フィールドに表示されるテキストで、フィールドへの入力を開始した瞬間に上書きされます。これは、サンプルテキストまたは必要な情報の説明とすることができます。プレースホルダーのテキストは、状態メニューからスタイルを設定することができます。
重要
プレースホルダーテキストをラベルの代わりに使ったり、関連する入力フィールドの重要な情報やヘルプテキスト(例:「パスワードは8~20文字の間でなければなりません」)を提供したりすることは、決してしないでください。さらに、サイト訪問者がフィールドに入力し始めるとプレースホルダーのテキストが消えるため、ラベルの代わりにプレースホルダーのテキストを使用すると、サイト訪問者がフィールドに属する情報を覚えておくことが難しくなります。
  • テキストタイプ
    テキストタイプは、収集する入力のタイプを指定することができます。例えば、入力フィールドのテキストタイプが「email」の場合、emailアドレスのみを受け付けます。電話番号のテキストタイプは、電話番号のみを受け付けます。パスワードのテキストタイプでは、入力フィールドに入力された文字が隠されます。
  • オートフォーカス
    ページが読み込まれたときに入力フィールドにフォーカスが当たるようにしたい場合(つまり、サイト訪問者のカーソルが入力フィールド内にある状態)、フォーム設定でオートフォーカスオプションをチェックします。フォーム要素にオートフォーカスがチェックされている場合、ユーザーが見るためにスクロールしなければならないページの部分内にフォームがあると、ページが読み込まれてその要素にスクロールします。
注意:
ページを読み込むと自動的にスクロールダウンする場合は、ユーザーがスクロールして表示しなければならないページ内にあるフォームの入力フィールドでオートフォーカスがオンになっていることが原因である可能性があります。このような現象が発生しないようにするには、フォームのすべての入力フィールドで「オートフォーカス」オプションのチェックを外してください。また、フォームの非表示フィールドについても、「オートフォーカス」オプションのチェックが外れていることを確認してください。
Settings for an Input field, including Name, Placeholder, Text Type, and options to set the Input to Required and Autofocus the field.

送信ボタン

Submitボタンの設定では、Button textとWaiting textを設定することができます。

Form settings for the Submit button. The default button text is “Submit” and the default waiting text is “Please wait…”

Submitボタンをダブルクリックすると、その設定モーダルウィンドウが表示されます。ここでは、2つの設定を変更することができます。

  • ボタンテキスト - 送信ボタンに表示されるテキストです。デフォルトのボタンテキストは、"Submit "です。
  • 待機中テキスト - 送信ボタンがクリックされた後、フォームが送信される前に、ボタンテキストに置き換えられるテキストです。デフォルトの待機テキストは、"お待ちください... "です。

4. 成功状態とエラー状態

成功やエラーの状態にアクセスするには、フォームブロック内のフォームを選択し、設定 (D) > フォーム設定 を開きます。ここで、状態のオプションが表示されます。編集したい「状態」をクリックします。

  • 通常
    サイト訪問者がフォームと対話する前のデフォルトの状態です。
  • 成功
    フォームが正常に送信されたときに返されるメッセージです。テキストを変更し、カスタマイズすることができます。
  • エラー
    フォーム送信に問題がある場合に表示されるメッセージです。ここでも、エラーの状態を自由にカスタマイズすることができます。

プロからのアドバイス:ユーザーがフォームで問題に遭遇した場合に備えて、エラー状態に電子メールアドレスを含めることをお勧めします。

The default Form block success state on the Webflow canvas. The default success message replaces the Form block and reads, “Thank you! Your submission has been received!” 
The default Form block error state on the Webflow canvas. The default error message shown under the Form block reads, “Oops! Something went wrong while submitting the form.” 

5. フォームの送信

誰かがあなたのサイトからフォームを送信すると、送信されたデータは、フォーム通知設定で指定されたメールに送信されます。あなたが完全にウェブサイトを所有している場合(つまり、クライアントのサイトではない場合)、あなたはこのデータにアクセスし、サイト設定またはエディタで管理することができます。

6. データ管理と通知

フォームの通知設定は、[サイト設定] > [フォーム]タブでアクセスできます。

Form notification settings within the Forms tab of site settings.

ここでは、データをどこでどのように受け取るかを設定することができます。

あなたがサイトを所有している場合、サイト設定 > フォームタブで投稿データにアクセスし管理することもできます。そこで送信内容を確認したり、送信内容をCSVファイルとしてダウンロードすることができます。また、エディターでフォーム送信にアクセスすることもできます。

Form submission data for an example “Email Form” within the Forms tab of Webflow site settings. This form collects the date of submission, the name of the submitter, and a résumé attachment.

7. トラブルシューティング

フォームが正常に送信されない場合は、以下をお試しください。

サイトでreCAPTCHAを有効にしている場合、サイトのすべてのフォームにreCAPTCHA要素が含まれていることを確認します。サイト設定 > フォームタブでreCAPTCHAを有効にすると、reCAPTCHA要素が含まれていないフォームは送信に失敗します。

フォームのフィールドを非表示にしている場合は、それらのフィールドの設定でオートフォーカスがチェックされていないことを確認してください。

Starter Workspaces の非ホストサイト (有効なホスティングプランを持たないサイト) のフォーム送信は、合計で最大 50 件までとなります。この上限に達した場合は、サイトプランをアップグレードして、フォーム送信を継続する必要があります。

重要:
サイトを外部ホスティング用にエクスポートした場合、Webflow はサイト上のフォーム送信を処理しません。エクスポートしたサイトでフォーム送信を収集するには、サードパーティ製のツールを使用するか、サードパーティ製のフォーム統合を埋め込む必要があります。

ページが読み込まれ、自動的にスクロールダウンする場合、折りたたみ領域の下にある入力フィールドで「オートフォーカス」がチェックされていることが原因である可能性があります。このような現象が発生しないようにするには、フォームのすべての入力フィールドで「オートフォーカス」オプションのチェックを外してください。