#15|ビデオについて

YouTube や Vimeo などのサードパーティサイトにホストされているビデオを埋め込むにはウェブフローのビデオ要素を使用します。

目次

Video要素は、YouTubeやVimeoなどのサードパーティーサイトで公開されているビデオを、ページの任意の場所に埋め込むことができます。 

このレッスンでは

  1. 動画を追加する
  2. 動画の設定をフォーマットする
  3. 動画の寸法を設定する
  4. 動画要素を調べる
  5. カスタム コードを使用して動画を埋め込む

について紹介していきます。

1. 動画を追加する

Video icon thumbnail

動画要素を「要素」パネルからページにドラッグ&ドロップするか、Command + E(Mac の場合)または Control + E(Windows の場合)を押して、クイック検索を開いてください。

2. 動画の設定をフォーマットする

The four elements that are included in the Media section of the add panel are Image, Video (highlighted), youtube and lottie animation.

ページにビデオ要素を配置すると、ビデオ設定にアクセスできるようになります。設定が表示されない場合は、ビデオ要素をダブルクリックするか、ビデオ要素を選択して Enter キーを押すと、設定が表示されます。ビデオの URL を貼り付けて Enter キーを押すと、ビデオのサムネイルがビデオ要素に表示されます。

On the left, the video settings displays a URL input field and a show all settings button. On the right, the YouTube preview of the song "Never gonna give you up" by rick Astley is displayed with a header and paragraph element below.

ウェブフローには以下のサーバーのコンテンツを差し込むことができます。

  1. YouTube(YouTubeの動画をより細かく制御したい場合は、YouTubeのビデオ要素を使用してみてください。)
  2. ビメオ
  3. DailyMotion
  4. KickStarter(メインキャンペーンのURLを貼り付けるだけで、メインキャンペーンのビデオを取得します。)
  5. TED (多言語対応)
  6. Wistia
  7. Ustream
  8. ライブストリーム
  9. Twitch
  10. Tudou
  11. フールー
  12. SproutVideo(スプラウトビデオ)
On the left, the video settings displays a URL input field and a show all settings button. On the right, the YouTube preview of the song "Never gonna give you up" by rick Astley is displayed with a header and paragraph element below.
Three video containers with a video preview, header and paragraph element.

3. ビデオの寸法を設定する

ビデオ要素をセクションにドロップすると、そのセクションの幅をすべて使用します。

コンテナに移動すると、コンテナの幅いっぱいに表示されます。列の中に移動した場合は、列内の空きスペースが優先されます。

 動画にカスタム幅と高さを設定したい場合、カスタム div ブロックを作成することができます。

動画のdivブロックのカスタムは、

  1. 要素パネルから div ブロックをドラッグします。
  2. 幅と高さにそれぞれ値を指定します。
  3. 動画をこのカスタム div ブロックにドラッグすると、そのサイズに適合するようになります。
Step one on the left, enter a value of 640 px for the width and 360 px for the height. Step two on the right, drag the video into the div block to replace the placeholder.

4. その他動画の追加方法

ウェブフローで動画をプロジェクトに追加する方法は他にもあります。

  • YouTube 動画
  • 背景動画
  • ライトボックス
  • リッチ テキスト
  • カスタム コードの埋め込み
  • YouTube video 要素

YouTubeを埋め込む

YouTube のビデオ要素は、YouTube の URL から動画を埋め込みます。チャンネル内の関連動画の表示、特定の開始時間の設定、動画コントロールの表示/非表示など、YouTube の埋め込み機能で提供されるすべての表示オプションを提供します。

The YouTube settings panel displays text input fields for URL, Start at. Three check boxes for Mute, Autoplay and Show player controls under the playback section. Two check boxes for Privacy mode and Limit related videos to the same channel under the Privacy section and a show all settings button.
The background video settings panel displays an upload video button and a Show all settings button.

・背景ビデオコンポーネントを使う

背景ビデオコンポーネントを使用すると、音声なしのモーション背景を追加することができます。Youtube と Vimeo のリンクのみをサポートする ビデオ要素とは異なり、background video 要素は、アップロードするあらゆるビデオファイルを受け入れることができます。

・Lightbox要素を使う

lightbox 要素を使用すると、ポップアップ モーダルで動画を開くことができます。video 要素と同様に、lightbox は YouTube と Vimeo のリンクをサポートしています。

The lightbox settings panel displays a button for an image or video link and a check box for link with other lightboxes.

・リッチテキスト要素、リッチテキストフィールドを使う

リッチテキスト要素では、ビデオも追加することができます。サイトの共同制作者(コンテンツエディター)がページに好きなだけ動画を追加できるようにするための素晴らしい方法です。CMSコレクション内のリッチテキストフィールドからデータを引き出すために使用すると、さらに強力です。

The rich text element bar displays a button for images, videos, custom code, rich media and bulleted or numbered lists.

 もちろん、Video 要素を使用して、コレクションの Video フィールドからデータを取り込むこともできます。

5. カスタム コードを使用して動画を埋め込む

embed 要素を使用して HTML 動画を追加することもできます。

  1. ページに Embed 要素を追加する
  2. 動画のコードを貼り付ける(Getting Started with HTML5 Video)。
  3. 保存する